BRICs辞典
  BRICsについて ブラジル  ロシア インド 中国 南アフリカ  

ブラジルの旅行(観光)ガイド

BRICs辞典 > ブラジル > 観光情報

★入国にはビザが必須!
日本人がブラジルへ入国するには、目的に関わらずビザの取得が必要です。ビザの申請はブラジル総領事館で行い、申請から発行までは土日祝日を除いて10日程度かかります。ます。観光目的なら有効期限は最大90日間で、この範囲なら何度でも再入国が可能となっています。

★日本からだと丸一日かかる
日本とリオデジャネイロ・サンパウロとの時差は12時間です。ブラジル国内の時差は、サンパウロなどの東部とリオブランコなどの西部で2時間あります。日本からの直行フライト便は、現状では存在しないようです。ロサンゼルスやニューヨーク経由でブラジルへ入国するのが一般的なルートで、乗り継ぎ時間も含めて所要時間は約25時間かかります。

★亜熱帯地域で冬は無い
ブラジルは日本よりも温暖で、北部は熱帯地域にあたり年中蒸し暑い気候です。リオデジャネイロ・サンパウロなどの主要都市は亜熱帯地域に属しており、リオでは最も気温が低くなる冬場?の7月でも、平均気温は20℃を超える暑さです(東京の冬場は平均気温6℃位)。ちなみに最も暑い2月は、平均気温約26度と東京とほぼ同じ位です。

★レアルと日本円の両替事情
ブラジル通貨=レアルと外貨との両替は、銀行や高級ホテル、街中の両替所などで可能です。日本には無い光景ですが、ブラジルでは街中に通貨の両替をしてくれる「両替所」というものがあります。両替所は18時頃までの営業で、土日は休みのところが大半です。但し、日本円は交換レートが実際の為替レートよりも悪く、両替所に限らず銀行やホテルでも同様な傾向にあります。あらかじめ日本でレアルに交換して入国するか、米ドルを持っておく方が良いでしょう。

余談ですが、ブラジルに限らず世界中のどの国でも、米ドルは非常に融通が利いて便利です。ほぼ確実に両替してもらえますし、国によっては自国通貨よりも歓迎される場合すらあります。海外旅行時には、事前に現地通貨と交換できない場合に備えて、アメリカドルを持っておくことをお勧めします。

★ホテルは予約不要?
ブラジルでは中級以上のホテルでないと、予約制度が無い場合があります。逆に言えば、当日に飛び込みで宿を探しても十分だと言う事です。但し2月の「カーニバル」の時期は、世界中から観光客が押し寄せてきますから、素人が宿を探そうとしても空き部屋はほぼ見つかりません。リオのカーニバルを見に行きたいなら、旅行業者のツアーに参加する方が確実だといえます。

★水道水は飲めません…
ブラジルの水道水は、日本ほど清潔ではなく、飲料不可です。暑い国なのでミネラルウォーターは必須ですが、リオやサンパウロなどの大都市なら街中に売店などが多数あり、簡単に入手できます。ミネラルウォーターは「com gas」「gasosa」が炭酸入り、「sem gas」が炭酸なしです。

★街の治安は悪い…
リオ・サンパウロなどの大都市では貧富の差が非常に激しく、近代的な町並みを一歩外れれば、スラム街が広がっています。ブラジルでは銃を使った犯罪も多く、治安はかなり悪いようです。外務省の危険情報では「十分注意」の地域に区分されています。少なくとも夜は出歩かない方が無難です。

 








免責事項・リンクポリシー | お問い合わせ | 海外投資データバンク | HOME

Copyright (c) 2006-2013. BRICs辞典. All Rights Reserved.